TOP

風俗は僕にとってネバーランドのです。そんな僕の風俗体験談です。

電話したら空いてたので…

何となくデリヘル店に電話してみたんです。風俗気分ではあってんですけど、ただそこまで必死じゃないというか、並びの時間が長いようであれば無理して利用する程ではない。そんな気分でデリヘルに電話してみたら、そんな時に限って空いていたんですよ(笑)風俗気分が物凄く高まっている時にはあまり空いていないのに、そうではない時は空いている。つまりは自分の性欲のバイオリズムは世間の男たちと同じってことなのかもしれませんね(笑)でも空いているならせっかくだしってことでお世話になってきました。相手をしてくれたのは初顔合わせのOちゃん。穏やかそうで、でも長身でスタイルの良い女の子でした。ショートカットも似合っていましたね。オーソドックスなプレイではありましたけど、彼女がとっても一生懸命尽くしてくれたので最高の時間を過ごすことが出来たんじゃないかなと思います。実際の所、相当満足感は高かったので、電話して大正解だったかなと。

フェラが好きな理由といえば

風俗ではフェラチオ重視です。とにかくフェラをされたいんですけど、ただ決して上手かどうかっていうのはそこまで問題ではないんです。もちろんフェラで発射するのがベストではありますが手コキでのフィニッシュであってもそれはそれで良いです。大切なのは風俗にてフェラをしてもらうってことなんです。何でそう思っているのか。その答えはシチュエーションなのかもしれません。そもそもフェラチオなんて日常生活の中でそうそう起こらないものです。セフレとか恋人がいれば良いでしょうけど自分にはそうそう起こりません。だからこそ、「フェラをされている」というシチュエーションそのものに飢えているのかもしれません。フェラをされて慣れている人であればフェラの違いなんかにも気付けるのかもしれませんが自分の場合はまだまだフェラをされているというシチュエーションそのものだけでも大満足なんです。だからフェラそのものが好きってことなんじゃないかなって。